黒ずみはマイナスポイント!社内でこっそり保湿する方法

電話する女性

社内恋愛をしていると、どうしても気になってしまうのが「身だしなみ」です。好きな人と毎日会う訳ですから、好印象を持ってもらうためにもいつも綺麗でいたいと思うのが乙女心。
ですが、実はいくら外観を綺麗にしていたとしても、たった少しのことで男性社員からのイメージは落ちてしまいます。それが「ムダ毛処理の跡」です。黒ずんでしまった部分はどうしても気になってしまうのだとか…。一体どうしましょう!

気になる黒ずみ!一体なんでできるの?

そんな黒ずみって、一体なんでできてしまうのでしょうか?ムダ毛処理が原因でできてしまうというのは間違いないのですが、実は処理方法によって違う理由があったのです。

まず、多くの方がしている剃刀による脱毛について。剃刀を使って処理する時って、摩擦が生まれますよね。実はそれが肌に黒ずみを作ってしまう大きな原因なのです。

私達の肌って思っているよりもとってもデリケートなので、少しでも負担がかかってしまうと黒ずみになって出てきてしまうんですね。また、下着や衣服などの摩擦でも黒ずみはできますので、あまり窮屈ではない下着をチョイスすることをお勧めします!

また、毛抜きの場合は「埋没毛」が増えることによって黒ずみに見えてしまうことがあります。毛抜きを使って処理をすると、どうしても深追いしすぎてしまって「あ!中に入って抜けにくくなった!」なんてことがありますよね。

そんなことを繰り返していると、いつの間にか内出血をしてしまったり、埋没毛が見えて汚く見えてしまうことがあるのです。

「じゃあ脱毛クリームなら大丈夫?」と思っている方も多いのでは?残念ながら、脱毛クリームも毛を溶かすほどの強力な成分が入っていますから、肌に強いダメージがかかり、剃刀での処理と同様に黒ずみはできやすいです。

でも脱毛したい!どうすれば良いの?

とは言っても、「黒ずみができてほしくないから、脱毛しない!」なんてことはできないですよね!毛が処理されずボーボーな状態でなんてお洒落を楽しむことができません!黒ずみを作らずに、ムダ毛処理をする方法ってないのでしょうか?

その方法とは、「脱毛サロンで脱毛をする」、「医療施設で脱毛をする」という2つです。どちらも、通う手間はかかりますが、プロの施術なので処理漏れなどのトラブルも少なく、なんと言っても黒ずみがほとんどできません。

どちらも専用のレーザーを使った方法での施術になりますが、1度の施術の時間はとっても短いです!しかも、処理をすればするほど黒ずんでしまうセルフ処理と比べ、処理をすればするほど綺麗になっていってくれるので自信を持つことができますね!

また、フォローに関しても完璧なのが魅力の1つですね。「あ、なんだか肌の調子が良くないから、施術をしたら色素沈着しちゃうかも!」と施術者が気付いた時には教えてくれたり、もし肌の調子が悪いようであれば対策方法を教えてくれたりもします。

肌のことは肌の専門家に任せるのが1番安心ですね!
それでも、黒ずみになってしまう時も。

しかし、稀にではありますが、脱毛サロンで脱毛をしていても黒ずみができてしまう方がいます。プロによる確実な施術なはずなのに、一体何故なのでしょうか?

その答えとは「施術後の自己管理が悪い」ということです。いくら脱毛サロンで完璧な状態で施術をしたとしても、家に帰ってからのケアが適当であれば、黒ずみができてしまっても仕方ありませんよね。ですが、一体どんなケアをすれば良いのでしょうか?

脱毛サロンでも説明はされていますが、まず「保湿は絶対」です。脱毛のために作られたレーザー機器であっても、肌に負担がかかってしまうことに違いはありません。その肌荒れが原因で乾燥しがちになった結果、黒ずみができてしまうという訳ですね。脱毛後はしっかりと保湿!覚えておきましょう!

また、脱毛後に紫外線に浴びるのもあまりお勧めできません。実は、レーザー脱毛後っていつもよりも肌が敏感になってしまっているため、少しだけ紫外線を浴びただけで黒ずみの原因となってしまうのです。

なので、脱毛後は日焼け止めを塗ったりしてしっかり日焼け防止するようにしましょうね。

黒ずみができてしまった!じゃあ○○を変えよう!

とは言っても、いくらケアを念入りにしていたとしても黒ずみってできてしまいますよね。でも、黒ずみを気にして会社に着て行く服が少なくなってしまったり、積極的になれなくなってしまえば、なんだか恋も上手くいかない気が…。

そんな時には、いつも使っているボディーソープを無添加の石鹸に変えちゃいましょう!黒ずみができている時って、「早くなくなれ!」と思いながらゴシゴシ洗ってしまっていませんか?実は、普段私達が使っているボディーソープって肌を綺麗にするためにとても強い成分が入っているって知っていましたか?そんな強い成分が入っているもので、更にゴシゴシしてしまったら肌が傷ついてしまって逆に黒ずみができる原因になってしまいます!

無添加の石鹸であれば、肌に刺激的な成分ってほとんど入っていませんので、肌にストレスがかかることなく洗い上げることができます。もちろん、ボディーソープであれば流されてしまいがちな肌に必要な潤いも残してくれるので、肌が乾燥することもありません。

専用クリームを使うのもGOOD!

また、黒ずみができないように、しっかり保湿をしてくれる専用のクリームも販売しています。インターネットでも販売していますが、最近ではドラッグストアなどでも購入することができるようですよ!
もし見つからないのであれば、いつも使っているボディクリームを黒ずみ部分に念入りに塗るだけでも効果があります。

肌には「ターンオーバー」という生まれ変わりの周期があります。最も好ましいのは28日と約1ヵ月での周期なのですが、肌のコンディションやストレス、生活習慣で崩れてしまいがちです。

その中でも、大きく関わってくるのが肌の保湿です。肌荒れをしている状態って、肌が固くなっているのでターンオーバーも遅れてしまいがちです。なので、いつになってもなかなか治らなくて困ってしまうんですよね。

「分かる!」って方も多いのでは?逆に、肌がしっかり潤っている時って、いつまでも肌の調子が良いですよね。それは、ターンオーバーがきちんと正常な周期できているから!

保湿をすることで、肌の生まれ変わりが早くなります。それって、黒ずみができてもすぐに治ってくれるのと同じことです。もし肌が乾燥気味なら、鞄の中にクリームを忍ばせて、徹底的に保湿しちゃいましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする